2010年02月17日

2月17日(水)「世界の広さ」

どのブログへのコメントでも全てここでまとめて引き受けてます!お気軽にどうぞ。

★★★NEW本日更新★★★
お休み

★★★偏食日記★★★
「世界の広さ」

これは個人が持つ世界、社会と言ってもいいかな、のお話。

私には子供の頃からたくさんの世界があった。
多分、多くの子供にとって小学校が唯一にして最大の世界であるのだろし、
確かに時間的に言えば、私にも小学校のウエイトはかなり大きかった。

しかし、学区際に住んでいたこともあり、
お稽古事は違う学校に通う同じ年の子供たちと交流するいいきっかけになり、
それはそのまま、自分たちの学校が「常識」ではないということを
身をもって知ることとなった。

そろばん、お習字、ピアノというお稽古事とはかなりイメージや
方向性が違うだけでなく、水泳は格段に違う意味を持った。
今でもなぜだかよくわからないが、泳ぐことはあまり好きではなかったのに、
水泳の世界で自分の居場所が大きくなっていった。

中学校に上がった私は、学校と水泳の世界の両方の住民となっていたので
二つの世界を自由に行き来していた。だから、高校生になって
違う世界を見たいと思ったのも、ある意味、当然の成り行きだろう。


おかげで今、いろいろやりきれない思いや切なさに
囚われそうになった時は、そこで無理しないで、
さっさと違う世界に飛び込んでいけばいいと思っている。

粘り強さが足りないといわれるのは、裏を返せばそういうことなんだ
と自分勝手に解釈しているが、我慢するだけが人生じゃないと思うんだ。

わからない人にはわからないんだろうけど。



★★★過去の更新★★★
最終更新日2月16日
ロンドン偏食生活メルマガ編集後記「相棒」
嬢王様の食卓「ミカド」

最終更新日 1月30日
偏食通信「発音」

最終更新日1月24日
偏食の本棚「中陰の花」



posted by 偏食の嬢王様 at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しがみつかない、引きずらない、それが出来れば、生きるのが随分楽になると思います。

私も我慢は、苦手…。
でも、同じ会社に12年勤めたのは我慢できないことを「変えてみせる!」と思ったからでしたが、
それが、間違いだったかもしれないな〜。
さっさと違う世界にいってた方がよかったかも。
Posted by Mrs.B at 2010年02月18日 18:55
>Mrs.Bさん、
すごいですよね、12年!青春を捧げたんですものね(笑)
Mrs.Bさんのコメントで、私ももう少しがんばってみようかなって思いました。
Posted by 偏食の嬢王様 at 2010年02月20日 01:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。